2017年09月19日

日記

夜中に台風が来て、駐車場のバケツが吹き飛ばされた後、明くる今日は澄み切った晴れの一日だった。

猫に朝食と吸着剤を与えて、家を出る。ドライブだ。

うーちゃんチョットお留守番ね!

P9180063.JPG


初期型のジムニーJB23に乗り込み、クラッチを繋いで一速へ・・発進!

最初の目的地、日光杉並木街道までは、クルマで数分。

最初、涼しい杉並木を走り抜けて北上して、日光に入ってから東北東方向へ転進し、安ヶ森林道を目指す予定だったが(いつものルート)日光まであと少しというところでなんと予想外の大渋滞だった。

方向音痴だから・・
道に迷わない為に、極力大きな道路を使うというドライブ航法が裏目に出た(笑)
紅葉のシーズンでもないのに、何で・・・・バイクならすり抜けられるが、クルマじゃお手上げ。あ?ええ、カーナビ無いんですよ、あるのはツーリングマップルだけ。

そういや、クルマで行こうとしたのは、六年ぶりかな。いやでも、地元ですから!混んでるのは、嬉しいですよ!!



諦めてUターンし、ドライブの第二候補へ・・


第二候補は、宇都宮市の大谷町にある、「大谷資料館」だ。

ここには八年前に行った事があるが、圧倒的な存在感に、いつかまた再訪したいという想いが尽きなかった。
そこへ向かうと、やはり以前とは様変わりしてました・・・駐車場が完備され、以前は坑道の入り口手前に駐車場があったのですが、今は、入り口よりかなり手前に整備された駐車場が、デデーン!

「ROCKSIDE MARKET」なる売店も、前は無かったような気がする。

坑道入り口まで向かう道も、キレイになってました。

有名になったのでしょうか。でも良いことだね。


P9180102.JPG


ぱっと見、なんか白い岩があるだけの、何でもない山奥に見えるが・・・・この地下には、かつて太平洋戦争中の巨大地下軍需工場としても使われた、秘密の巨大空間が広がっている。

年間を通して10℃前後しかないという、冷たい坑内の空気が噴出してくる入り口を降りると、そこには巨大な地下空間が・・




ここは大谷石という、建材の鉱山でした。

見栄えの良い大谷石を狙って採掘した結果、地下に迷路のような地形が出来上がりました。これはその跡地。

P9180069.JPG

デパートの地下駐車場を、そのままデカくしたような感じ。天井を支える為に残した柱は、新築が余裕で収まる太さ。
壁面の模様は、人間が、手作業で岩塊をブロック状に切り出した痕跡。


P9180084.JPG

天井には斑点のある「ミソ」が・・・
大谷石は、このミソを低質な部分と見なして、避けて採掘してたそうです。
そのためか、坑道の天井は、全面ミソです。判りやすいのが、これかな?↓


P9180074.JPG



P9180082.JPG

長い採掘の歴史の中で、途中から機械化されたそうです。この柱は、上半分が手掘、下半分が機械堀り。


P9180085.JPG

天井には、「坑道の深さ」を確かめる為に地上まで掘ったという、巨大な竪穴が・・・(暗すぎて上手く撮れなかった)。
今はレーダーとかでわかるのでしょうが、この時代は、実際に掘って確かめるしか、無かったわけだ。


P9180089.JPG

地下空間には、水が溜まって地下水道のようになっている箇所もあり・・・というか、この資料館で見学できるのは、全体のごく一部。

P9180092.JPG

フラッシュを焚いてみてもよく判りませんが、LEDライトを照らしてみると、こんな感じの空間が、どこまでもどこまでも続いてて、本当に広い。暗がりの奥に、巨大な柱が林立していて、リポ電池の強力ライトの光はやがて柱の間の暗闇に吸い込まれた。

ここは太平洋戦争中に、陸軍の戦闘機工場として使われ、エンジン製造から、機体の組み立てまでを行っていた。戦後にアメリカ軍が視察したとき、その広大さに驚いたとか。

資料館に併設している、歴史資料館には、そんな歴史が展示物と共に解説されてます。


時代が過ぎ去って廃坑となった今は、資料館のほかに、各種のイベントスペースや、結婚式場としても使われているらしい。
映画やテレビドラマの撮影や、自動車会社のコマーシャル、芸術作品の展示場としても。

大谷石の特性により音響が良くて、音楽アーティストのプロモーションビデオの撮影なんかもされてるらしい。
この日も、子供が合唱してましたが、確かに映画館のように音が良かった。




P9180087.JPG

ここは見学スペースではなく、近づけませんでしたが多分これ結婚式場の一部でしょう。



ここ、真夏でも薄着だと五分と居られないほど寒いのです。
資料館が上着の貸し出しをしているほどです。間違っても半そでで来てはいけません。

俺は知っていたので、季節にまったく不釣合いなフードつきのフリースを持っていったのですが、それでも、あまりの寒さに20分で退却。カメラの結露が心配になるほど。ずっといたいなら、ダウンジャケットが必要です。

広大な暗闇の地下空間で冷やされた空気が、出口を求めてこの資料館の入り口に集まってくるのでしょう。
事実、坑道の入り口は、冷たい風が吹き荒れてます。

こんなところでドレスを着る花嫁さんは、たまったものでは無いでしょう。

まぁ、それさえも気にならないほど夢中になれるなら、順風満帆でしょうがね。






夕方家に帰ったら、お出迎えをしてくれた猫に蛇口の水を与える。ゴクゴクとよく飲むけど、冷たい水がいけなかったのか、直後に食べた夕ご飯を、ゲーしてしまった。

次からは、お湯を出してあげよう・・・暑い日でも、そのほうがいいのかな。



続きを読む
【関連する記事】
posted by junkskywalker at 20:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

日記

せっかくの連休だというのに、冴えない天気。

金曜日は地元の花火大会で、玉数こそ少なかったものの場所がちょうど良かったためか、迫力あってよかった。
猫は音を怖がってどこかに隠れた。
せっかくなので写真に撮ろうと、カメラの「花火モード」で撮影したが、フォーカスが手動になるのを忘れてて、最初に連写しまくってたヤツは全部ピンボケになった。さすがに途中で何かがおかしいことに気付き、どうにかピントをあわせたのが花火大会の最後の数発。

P9150062.JPG

10年くらい前まで住んでた栃木県小山市のアパートは8階建てで、7階に住んでたから、駐車場探しで労する事無く夏のあの大きな花火大会を一人占めできた。子供時代がそうだったので、今でも花火大会は静かな遠くから眺める物だと思っている。露店でお祭り騒ぎは苦手。



昨日は家でのんびりしようと思っていたが。気分転換に自転車に乗って街を探索してみた。

宇都宮は県庁所在地といえど都市化は全然まだまだで、駅から5キロも離れてない俺の家でも、つい最近水洗化されたばかりで、ガスもまだプロパンだ。僅かな数のビルが駅から伸びる大通りの周りに集まっているだけで、自転車をちょっと漕げば「郊外」に出られるほど街は小さい。

県庁から西の方角へ進むと、今まで気付かなかったが郊外に結構な高台があり、その上にがけっぷちまで家が密生していて、まるでラピュタみたいだと思った。面白かったのはそれくらいで、すぐ飽きて家に帰る。


そして今日もまた雨。
家で絵でも描きましょうか・・・




posted by junkskywalker at 11:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月14日

日記

空が夏を思い出したかのように、暑い天気が続いている。
でも日が暮れると涼しくなり、昼間はどこにいるのやら、コオロギが鳴き始める。秋だねぇ・・・


猫はとても元気です。
点滴は、昨日は少ししくじってしまいました・・・針が抜けちゃった。ラインがケージにに引っかかってしまい、ソレに気付かずに針を打ったのが間違いでした。猫が少し動いたら、余裕が無くて、抜けてしまった。相変わらず、焦りすぎ。


週末は、うちの会社は珍しく祝日が休みになり、三連休。
天気が良いと、いいのですが。
posted by junkskywalker at 22:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月11日

徒然なるままに

今日も、思い出したように暑い夏日の一日だった。
工場は、室温がある程度以上に上がると空調が入るし、俺はなんてことは無い。心配なのは猫だ。それこそ猫と今の家に引っ越してきたときから、家の中を、1階も二階も、家中どこでも移動できるようにしてあるし、泥棒が入ってくる心配の無い二階の窓は、防犯上は良くないかもしれないが、この季節は雨が降らない限り全て網戸にしてある・・・・が・・・もうご老体だし、面倒くさがって暑いに任せてしまうかも知れない・・・早いトコ涼しくなってくれないものか。

そして今日は、動物病院に行こうとしたけど、なんと臨時休診だった。家から猫を連れて出ようとしたときに気付いた動物病院のカレンダーの印。焦りすぎだ・・・でも、朝ごはんは少し食べているし、大丈夫かな・・・

点滴パックを、必要数しかそろえなかったのが不味かったな。多めに用意しとくんだった・・・・次からはそうしよう!


002.JPG

動物病院に連れて行かれかけたので、ちょっと不機嫌。

でも、オヤツと猫草は飛びついて来る。本当に具合が悪いときは、オヤツにも興味を示さなかった。明日の夕方、病院で検査を受けたい。よくなってくれてるといいのだが・・・・・


posted by junkskywalker at 18:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

日記

今日は、お昼から会社で、機械の補修部品の到着を待ちぼうけ。
部品が来たら、すぐ機械に取り付けて仕事を再開しなきゃならない。

近くのコンビニで昼飯を買ってきて、工場の入り口近くに車を停めた。
コンビニ飯は、口に入れた瞬間は美味いけど、後で胃がもたれる。

昼飯の後は車の中で昼寝。時々工場の中から、インパクトレンチの音が聞こえてくる。

001.JPG

青空がむなしい。林道に行きたかった・・・気温の割りに、風があって涼しかったのが、幸いか。

一時間後、ネットでの荷物追跡の検索結果どおりに、部品が届いた。そしたら早速交換作業だ。

作業自体は至極簡単。古いオイルポンプを外して、新しいのをつけるだけ。15分も掛からん。

005.JPG

コイツの構造は至極単純で、モーターが歯車ポンプを廻すだけ、それなのに、壊れる。油が出なくなる。モーター自体は回ってて、機械的な入力はあるはずなのに・・・作動しない。

クルマやバイクのエンジンのオイルポンプは、こんなこと絶対無いようにされてる。
それに、古いのは、プラスチックのタンクが、油に侵されて、ブヨブヨの破裂寸前。何でこんなの採用するのか。

ラベル変えて気取ってる暇あるなら、こういうとこ改良してよ!

マ〇ノは、タンクは鋼製だぞ!




家に帰ると、猫が出迎えてくれた。

お風呂場で水を飲まないかと誘ったけど、飲まなかったので、部屋に戻って、ついてきた猫にオヤツをあげる。

今からじゃ出かけられないよなー

夕方、ビールで早めの晩酌をしていると、猫がごはんを欲しがるしぐさを見せ始めたので、食器に新しいカリカリをよそってあげると、食べ始めた。

今日はじめての、平和なひととき

006.JPG


posted by junkskywalker at 18:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日記

昨日は朝から会社の呼び出し・・・ジムニーで林道走りに行こうとしていた矢先。もう出かけてるって言っちゃえばよかった。
「マシニングセンターがアラームで止まっている」との事。制御板の液晶に何というメッセージが出ているか訊いたのだが、返事を聞く限りだと、オペレーターの操作ミスではなく、機械の故障っぽい・・・

工場に着いて、早速確認すると・・・・潤滑油ポンプの故障だと判った。でも電気は来てるし、出口側のフィルターの詰まりでない事を確認したが、電話してきた偉いヒトは諦めがつかない様子「社長に泣いて貰うしか・・・」とか言ってる。

仕方なく、そのヒトの前でポンプを分解して、内部の吸入フィルターまで外して、もうポンプ以外の原因が無い状態にして機械に接続してテストするも・・・やっぱりだめ。

メーカーに電話して、日曜日に届けてもらうようにし、その日曜の今朝は、偉い人が煩いので今日は朝から工場で部品の到着を待っていたが・・・よく考えたらそのメーカーの部品倉庫は”奈良”にある。土曜の昼に注文して、日曜の朝に栃木に来るわけないじゃないか・・・・空でも飛んでこない限り、無理だ。

案の定、朝一番で来たヤマト運輸のドライバーは、別の物だけ運んできた。午前中はもう来ねぇな・・・・

諦めてコンビニで軽い朝食をして、家に帰る。猫に吸着剤を飲ませなきゃ・・・


その猫ですが、自宅での点滴四回目にして、ようやく完璧に点滴できた。

004.JPG
ピンボケしてしまった。

針を刺し直す事無く、漏れも無い!
猫も慣れてきたのか、あまり嫌がらなかった。


001.JPG

若い頃はよく外の野良猫と縄張り争いをして、ケガをして帰ってきたりした猫。
顔ばかり怪我をするのは、戦いにおいて一歩も引かないからだと獣医さんが言っていた。猫はケンカに負けそうになり逃げ出すと、追いかけてきた猫に尻を引っかかれたり咬まれたりするんだとか。尻をケガしたのは、確かに一度も見たことが無かった。

今ではご隠居。末永く生きて欲しい。




posted by junkskywalker at 10:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月07日

雑記

今日も、帰宅してから猫に点滴。

猫は点滴の用具を準備し始めたのを見るや否や、ベッドの下に潜ってしまうが・・・すぐに確保できるし、暴れたりといったこともなく、少し怒るくらいで、点滴に堪えてくれる。

もう自分で点滴をするようになってから、これで五回目。
自宅での点滴・・
48時間に一度の点滴を四回続けてから、来週の週明けに血液検査をする予定だ。結果次第では、今後が見通せる。
猫はかなり元気になっていて、食欲もあり、以前のように食べるようになった。
点滴の効果が切れるまでの時間は伸び、以前は48時間も経てば元気がなくなっていたのに、今では48時間が経とうかという時になっても、元気なまま。ご飯もおやつも欲しがるし、食べてくれる。

001.JPG
点滴が終わったばかりで、少し不機嫌。この後オヤツを少しあげて、ブラッシングをしてご機嫌とり。輸液が溜まって、左の前足のところが、ぷっくりしてる。



しかし、相変わらず俺は点滴がヘタクソで、点滴が滞ったり、インジケーターを見て、猫から目を離した途端に針が抜けてしまう。毎回、一回は針を刺しなおしている・・・針を刺しなおすと、やはり痛いらしく「ニャーン」と啼く。心が折れそうに成るが、俺がやるしかないんだ・・と自分に言い聞かせる。

でも今夜の点滴は、今までで一番上手くいった。漏れてしまった量も最も少なく、時間も短かった。

針が抜けないように、手元を極めるのが、今後の課題だろう。今使っているのは、18Gの翼状針だが、これが太くて鋭いので、皮膚の下の筋肉を傷つけてしまいそうで、手先が慎重になりすぎてしまう(針の断面が、竹槍のようになっている)。
この辺は、ネットで調べても判らなかった。経験って大事、改めて実感。
針を刺すところは、毎回変えているけど・・・大丈夫かな・・・・



閑話休題



今しがた、友達の子供が生まれたらしかった。一度はやめたLINEで知らせを受けたが、返事は短く返した。
後は何もしない。
後はいい。所謂「既読スルー」だって、気にしない。

電話なりメールなりを使った、形式ばった挨拶は、こういう場合は、俺は嫌だ。

人生において貴重な瞬間だ。
二人で、そっとしておいて欲しいに決まっている。返事が後になったっていい。最低限のリアクションだけ返せばいいだろう。

昔は、知らせたいと思った人に電話をして、その人が電話に出るかどうかで、決まったわけだ。
電話は、あくまで人と人を繋ぐ可能性を、発生させるだけの手段だった。

今は携帯電話を誰もが持っていて、常にリアクションをするのが責務のようになっている。

懐古趣味じゃないが、人間関係には、たぶん自然発生的な壁やカーテンが、要るだろう。
ヒトと自然は、結局のところ切り離せないのではないだろうか・



いつになるか解からないが、次に呑む時に、話を聞けばいい。


今はただ静かに、祝福したい。


posted by junkskywalker at 23:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月06日

苦そう

今日も早めに帰宅して、猫の様子を見る。

朝によそったご飯は殆ど食べていなかったけど、帰宅してからよそってあげたご飯と、その後追加であげたご飯は食べてくれた。それから、外で摘んできた草(猫草は栽培が追いつかない}を与えるとムシャムシャ食べて、蛇口からの水を欲しがる。

前回の輸液から24時間経つが。背中の皮をつまんで離すと、ポヨンと戻る。状態は良好だ。また明日の午後六時に点滴をする。食事量が増えてきたなら、重要なのが吸着剤だろう。

004.JPG

吸着剤を飲ませた直後の図。

一度飲ませるのに失敗して、舌の上に落ちて溶けてしまった吸着剤が余程おいしくなかったのか、今はそれを飲ませるとしばらく不機嫌です。まぁ、見た目からして活性炭が成分なので、決しておいしくは無いでしょうが・・
病院で処方されるビニール袋から出すときのカサカサ音は、オヤツと勘違いして走り寄ってくるのですが。

このまま状態が回復してくれば、獣医さんに相談して腎臓サポートのフードを与える・・・という選択肢も出るのではないか?

とにかく今は、水を飲ませて、輸液もして、栄養を取らせつつ、血液の数値を良くしたい。




posted by junkskywalker at 19:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月05日

日記

今日は、帰宅してから動物病院へ行き、無くなりかけていた吸着剤を購入した。

受付の方に、「点滴うまくできてますか?」と訊かれたので、自分でも驚くぐらいに一人でできていますと答えた。
この動物病院は、平日の朝から、数え切れないくらいの患者が訪れる病院だ。気遣ってくれるとは、勇気づけられる。

家に戻って、猫をなだめてから点滴をした。

点滴パックをレンジで、猫肌に温めてから、点滴を始める。
しかし、前回、三回も打ち直した場所を避けて、2センチほど後ろに針を打ったのが良くなかったのか、猫は痛がって怒り始めてしまった。

猫が動いてしまい、針が一度抜けてしまったが、落ち着いてラインを閉じて、猫の肌も、針も消毒してからもう一度トライ!
猫は怒っていたが、どうにかほぼ全量点滴できた。ラインの中は、残ってしまったが。

猫が動いた影響か、液が体の片側に偏ってしまったのが見て取れたので、かなり心配したが・・・・少しして、後ろを振り向くと、しばらくぶりに、ネコタワーに猫が登っていた。

P9050018.JPG

これはかなり久しぶり。
思わず眼レフを持ち出して、録画したり撮ったりしてしまった。

今朝は、まだ夜が明ける前から俺を起こそうとして騒ぎ出すし、タワーには上るし、ご飯は、少しずつだけど食べるようになってきた。

このまま血液の状態が良くなり、維持できたら・・・・

まだまだ戦いは続きます。





posted by junkskywalker at 20:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月04日

時間

今日も、宇都宮は曇った天気だった。


ほんの2週間前なら、たとえ空が暗くなって雨が降ったとしても、それが日中のいつだって、雨が止んで空が明るくなり始めたらたちまち蒸し暑さがぶり返してきたものだが・・・今は肌寒い。秋が近づいてきている。

バイクに乗るなら、今が一番良い季節。山に登るんじゃ、少し寒いかな。


まぁ、大雑把に言えばバイクに旬なんて無いのだが。先日のバイク談義の後で、どうにも走りたいような、怖いような。

オートバイに乗るというのは、特別な体験です。クルマでは味わえない、ものがあります。
それは、二輪車が持つ特性・・操縦者の、全身の自我による積極的な三次元の移動を伴わなければ、決して運転することが出来ないという特性にあると思う。

空を飛んでいるような心地なのです。

クルマで、ハンドルをきって曲がるのとは違います。目の前の、凄く小さな画の中で、自分自身と、路面との、格闘が起こるのです。

そこに、エンジンの音やら震動やら、吹きさらしの顔面の鼻に注ぎ込む空気の匂いに、目の前に迫り来る、路面を見つめる緊張感。それから思い出。


いろんな刺激がミックスされて、形容しがたい体験が、記憶を豊かにする。


また乗りたいと思っているが、車選びをどうしよう?
まぁ、オフ車一択でしょう。



猫は、昨日の点滴で、少し洩らしてしまったので、大丈夫かどうか心配でしたが、どうやら心配ない様子

003.JPG

啼いてオヤツを欲しがる。

点滴は、48時間毎で、良さそうです。



続きを読む
posted by junkskywalker at 21:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする