2016年03月11日

!?

少し前の話。。。。。


平日なのに寝坊をしてしまった!

間違いなく始業には間に合わない・・・・


そんな時、あるヒトの言葉を思い出す。



「遅刻するなら、それが一分でも一時間でもお前の評価は同じだ。

どうせ”遅刻”するなら、朝食をゆっくり食べて、彼女にメールして、コンビニで立ち読みして、ついでに昼飯も買って来い。」 

                                     by 前の会社の工場長



時間を無駄にするな!が口癖だった工場長が、遅刻して社員食堂の予約も間に合わず職場に駆け込んだ私に、言い放った言葉、10年ぐらい前かな。



・・・・・というわけで、どうせ減給なら、有給で半日休んでしまえと会社に電話。



でも、二度寝してちゃいけません、普段、平日には出来ないことをするのです。




銀行とか住宅ローンとか税金の手続きとかいろんなのが浮かんだのですが・・・・・・

ここは、しばらく動物病院に行ってない、11歳の猫を、かかりつけの動物病院へ、健康診断に連れて行きました。


そこは、かつて私の猫が野良猫との戦闘で重傷を負ったり、オシッコが詰まってしまったときに、猫の命を救ってくれた病院です。

伴侶動物を、想っている獣医さんが院長で、信頼しているところ。




腎臓の状態が、異常だと判りました。



二つあるうちの片方が、萎縮している・・


予兆があったはずだと言われましたが、確かにありました。



去年の年末に、やたらと、猫がフードを食べたそばから吐くことがありました。
猫草を切らしたせいだと考えていた私の、認識が甘かった。
そのときに受診すべきだった。


腎臓病の療養食を選択すべきか、説明を受けましたが、腎臓病の療養食は尿がアルカリ性になるために、結石のリスクが高くなり、結石の出来やすいあなたの仔はリスクが高いと言われました。




血液検査の結果は・・・・・BUNと、クレアニチンが限度まであと少しで、タンパクだけが僅かにオーバーで、少し脱水気味、まめな検査が必要とのことでした。


でも、治療が必要な状態ではない・・・とのことでした。


猫・・・というか、彼の食欲が落ちたような気がしていた以外は普段と変わらなかったのですが・・・・健康診断・・・大事ですね。


とりあえず、猫が水を飲みやすいように、家の給水器を増やし、食べた食事の量を、デジタルスケールで毎日チェックすることにしました。

そうしたら、カップで測ってあげていた結石予防の処方食を、2/3しか食べていないと判りました。




痩せていないかどうか、体重のチェックもしなければ。・・・



思わぬ事になった遅刻でした。



























                




【関連する記事】
posted by junkskywalker at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック