2016年03月16日

呟き

人間は、起きているときより眠っているときの方が脳は活発に動いているんだそうです。
夢を見るのはそれによるらしく、ただ、脳の中の論理的思考を掌る部分は休んでいるので、ファンタスティックな夢を見るらしい。

会社の上司が、歳をとると夢を見なくなる・・・・とか言ってましたが、私はまだまだそういう意味では歳を取っていないようです。

昨日見た夢は、クルマでドリフト走行をしている夢でした。確か雪が降っていて、ひたすらクルマで滑ってました。

その前は、巨大なクモが襲ってくる夢でした。クモが飛び掛ってくるところで驚いて目を覚ましました。

その前は、ゾンビになる夢でした。肉体が腐って歯が全部抜けるところが凄くリアルで、起きて思わず歯を確かめました。

その前は・・・・・


夢って、起きたては鮮明に覚えてるのに、昼食を食べる頃には忘れてしまう。まぁ、とにかくよく見る。


でも何でか、晩酌で酔っ払ってベッドに潜るときに期待する、楽しい夢は、なかなか見れない。


生涯で最もエキサイティングだった夢は、高校の頃に見た淫らな夢でした。ものすごくリアルで、今でもハッキリ憶えている。

でもそれが、事に及ぶまさにその、寸前で目が覚めてしまい、マンガみたいに「なんだよ!夢か!」となってしまった。



本当に夢って、何で見るんだろう。


もしや、無意識の世界で、平行宇宙に存在するもう一人の自分の意識を、共有しているんだったりして・・?そんなわけないか。










posted by junkskywalker at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月11日

!?

少し前の話。。。。。


平日なのに寝坊をしてしまった!

間違いなく始業には間に合わない・・・・


そんな時、あるヒトの言葉を思い出す。



「遅刻するなら、それが一分でも一時間でもお前の評価は同じだ。

どうせ”遅刻”するなら、朝食をゆっくり食べて、彼女にメールして、コンビニで立ち読みして、ついでに昼飯も買って来い。」 

                                     by 前の会社の工場長



時間を無駄にするな!が口癖だった工場長が、遅刻して社員食堂の予約も間に合わず職場に駆け込んだ私に、言い放った言葉、10年ぐらい前かな。



・・・・・というわけで、どうせ減給なら、有給で半日休んでしまえと会社に電話。



でも、二度寝してちゃいけません、普段、平日には出来ないことをするのです。




銀行とか住宅ローンとか税金の手続きとかいろんなのが浮かんだのですが・・・・・・

ここは、しばらく動物病院に行ってない、11歳の猫を、かかりつけの動物病院へ、健康診断に連れて行きました。


そこは、かつて私の猫が野良猫との戦闘で重傷を負ったり、オシッコが詰まってしまったときに、猫の命を救ってくれた病院です。

伴侶動物を、想っている獣医さんが院長で、信頼しているところ。




腎臓の状態が、異常だと判りました。



二つあるうちの片方が、萎縮している・・


予兆があったはずだと言われましたが、確かにありました。



去年の年末に、やたらと、猫がフードを食べたそばから吐くことがありました。
猫草を切らしたせいだと考えていた私の、認識が甘かった。
そのときに受診すべきだった。


腎臓病の療養食を選択すべきか、説明を受けましたが、腎臓病の療養食は尿がアルカリ性になるために、結石のリスクが高くなり、結石の出来やすいあなたの仔はリスクが高いと言われました。




血液検査の結果は・・・・・BUNと、クレアニチンが限度まであと少しで、タンパクだけが僅かにオーバーで、少し脱水気味、まめな検査が必要とのことでした。


でも、治療が必要な状態ではない・・・とのことでした。


猫・・・というか、彼の食欲が落ちたような気がしていた以外は普段と変わらなかったのですが・・・・健康診断・・・大事ですね。


とりあえず、猫が水を飲みやすいように、家の給水器を増やし、食べた食事の量を、デジタルスケールで毎日チェックすることにしました。

そうしたら、カップで測ってあげていた結石予防の処方食を、2/3しか食べていないと判りました。




痩せていないかどうか、体重のチェックもしなければ。・・・



思わぬ事になった遅刻でした。



























                



続きを読む
posted by junkskywalker at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月09日

百八個もある

怒り・・・というのは実に厄介な煩悩の一つだ。

バーベキューの後の火事みたいに、一見燃え尽きたように・・収まったように見えた物の下、灰の下に潜んでいたのが、ある時突然、燃え上がったりする。

かと思えば、劫火のごとく燃え上がっていたものが、ゲームみたいに誰かの呪文で一瞬にして鎮まったりする。


でも、怒りというのは、どんな種類でも火が消えた後厄介な損傷を、怒っていた人に与えるのは、同じだと思う。


そんな怒りというモノの中で、一番厄介なのが、自分でも目に見えない怒りだと思う。


ガラスのように透明な自分の意識の下で、水素の炎のように見えない怒りが徐々に広がっていき・・・或る時突然、炎が心の奥底を突き破って、大爆発する。


というか、表現が難しい。

あの炎の動きは、何度か経験があるけれど、制御が出来ないし、読めない。


バックドラフト・・・・という表現がしっくりくると思う。

見えない炎が心を徐々に熱くしていって、そこに火がつく。


なんでもない普通の、大人しかったはずの人が、ある日突然凶行に及んだりするのは、多分あの見えない炎のせいだ。



今日も、そいつが、ヒタヒタと心の底の下で、燃え広がっていくのを感じた。


でもそいつは、だいたい、直接その怒りについて触れなくても、自分以外との誰かとの、なんでもない会話によって、いつの間にか消え去っていくはずなのだ。





一人で思いつめると、ロクなことは、ありません。



ってか、何を言いたいのか意味不明な日記になってしまいました。
多分、べろんべろんに酔っ払っているせいです。
明日はちゃんと書きます!O7









posted by junkskywalker at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不安

いつも、冷静であれと自分には言い聞かせている。
感情に支配されずにいろと。怒りや悲しみに支配されるなと。

でもそれは、自信から来る物ではなくて、深海の底の潜水艦の中で、この深さなら大丈夫なはずだと自分に言い聞かせているような物だ。

真っ暗な海底で、ハッチを開けたら、その巨大な水圧で押しつぶされると思っていて、その水圧に耐えるための操縦法を、小さな操縦室の中で考えている。見えない外の暗闇を想像して、怖気づき、紙の上ではじき出した計算式を、もしかしたら虚無かもしれない安心を、自分に与えている。


人間は、宇宙の法則に支配されているのだから、人間の心だって同じはずで・・・・きっと宇宙のどこか別の次元に、心ってモノが浮かんでいて、見えない力で自分とつながっている。

そして多分、心って物にも、重力や電磁気力と言った宇宙の法則が働いてて、多分、人々の心は太陽系のように連なって回っているんだろう。

軌道が近ければ、互いにエネルギーを及ぼしあうし、離れていれば、見ることさえ難しい。

太陽みたいにだれかの支えになる偉大なやつもいれば、小惑星みたいなはみ出し者だっている。


つまり心だって、宇宙を漂う素粒子の塊で、きっと、どこかからか放たれたときに、その運命は決まってて、きっと全部は必然なんだ。


だから、例えばもし、悲しい出来事や辛いことが起こったとしても、涙の海におぼれて死んでしまったり、後悔の念にとりつかれて、自分が進む方向を見失ってはいけない。

それは多分、必然だったんだから。


これからは毎日、日記をつけようと思います。




posted by junkskywalker at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。