2018年01月10日

一発目

あけましておめでとうございます・・・・

的な、何か明るいネタがあればいいのですが、相変わらず、可もなく不可もなく、のんびりやっております。


お正月は、職場のマシニングセンターの不具合に悩まされました。
ちょくちょくエラーが出て加工が止まってしまうので、仕事始めまで騙しだまし運転して、休み明けに修理を頼もうとしてメーカーに電話したところ「機体温度センサーにゴミが付着しているのでは?」との事。

そこで、そのセンサーを機械から引き抜いてみると、白い謎のグリースがベットリ・・・・

「ゴミも何も、グリースだらけじゃないか・・・」

劣化してシャバシャバになったグリースを掃除して機械に挿してみると、何事もなかったかのように快調に動き始めました。

このグリースは、普通に考えて定期的な交換が必要な類のもでしょう・・・マニュアルのどこかに書いてあるんでしょうね・・・


正月休み中に電話しておけば、ゆっくりできたのかなぁ・・・なんて思いますが、なんかね、気が引けちゃいましてね・・・





そして、猫さんです。


帰宅して、いつものように、おやつカリカリをあげたのですが、見向きもしません・・・

以前まであげてたおやつに、飽きてしまったようなので、別なおやつに変えて、今朝はガツガツ食べたのですが・・・夜はさっぱり・・・

ご飯のほうは、相変わらず食が細いのですが、また細ったような気がします。

体重も、少し落ちてしまったかな?


もしや、血液の数値がまた悪くなってしまったのでしょうか・・・・週末に動物病院へ行き、輸液を毎日にすべきかどうか、先生に相談しに行こうと思います。





【関連する記事】
posted by junkskywalker at 19:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月30日

日記

今日は猫さんの点滴の日ですが、三回も失敗してしまいました。

慣れてきたせいでしょうか、翼状針が皮を貫通するのを甘めに感じてしまい、針を打つのが浅くなり、三回とも、液が漏れだす事態に・・・慌ててしまったのが、事態の悪化に拍車をかけてしまいました。

四回目でようやく点滴を完了できたのですが、それまで針を打った場所を避けて針を打ち続けた結果、本来の位置から離れすぎ・・・少し血が出てしまいました。


打つべきは、両肩の間なのですが・・・・そこから10センチはずれてました。

点滴している間、すでに針を打った穴から薬剤が漏れ出すのを心配してましたが(経験あり)・・・幸か不幸かそれは無し。やはり貫通していなかったのでしょう。

血が出てしまったので、念入りに消毒しました。でも、猫を抱きかかえて消毒綿で拭いていると、彼は、ゴロゴロと喉を鳴らしていた。


猫は、嬉しい時も、苦しい時も、喉を鳴らすそうですが・・・ごめんね、ごめんねと言い続けました。











posted by junkskywalker at 19:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月26日

日記

今日の猫さん。

IMG_1497.JPG


相変わらず、のんびりとやっております。

輸液は箱買いしました。年末年始の仕事がヤバイので、輸液の在庫切れを避けたいわけです。
でも、診てもらっているのは小さな動物病院なので、仕事帰りに受付で注文した後、「あっ!?」と思って、注文数を減らそうとしたのですが、「大丈夫」とのことでした。

年末に物資が手に入りづらくなるのは、きっとどこの業界も、一緒でしょう。



猫さんの調子は、小康状態です。ゲーしたりすることは少ないですが、食欲は上下が激しいです。輸液の日数に応じて、はっきりと、ある無しが出てきます。

でもまぁ、この辺は、以前も同じでしたから・・・相変わらずって、とこでしょうか。


それと、変わったところと言ったら、夜に部屋の明かりを落として、眠るときでしょうか。
去年は、ヒーターのあるネコハウスで眠ることが多かった猫さんですが、今年は、私の布団の中で眠ることが多くなりました。


多分、ヒーターが劣化して、ぬるくなってるんだと思います(笑)

そろそろ新しいのを買ってあげましょうか・・・・一緒に眠ってくれるのはいいのですが、寝返りでつぶしてしまうのが怖いですからね・・・











posted by junkskywalker at 21:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月14日

日記

IMG_1495.JPG

今日の猫さん。

点滴が終わったばかりです。

今日は少し失敗・・・・右肩の近くに針を刺すと嫌がるので、なるべく中央を狙って刺すのですが、猫さんの毛皮は柔軟性に富んでいるため、今見えてる皮が、本来の位置を担当する皮だとは、限らないのでしょうか。


今日は、真ん中に打ったハズの針が、点滴が終わるころには、右肩の真上に移動してました。

ど真ん中なら、全く嫌がらずに、啼きもせずに終わるのですが・・・・気まぐれの猫さんは、皮まで気まぐれ。

嫌がって啼きましたが、なんとか全量点滴できました





・・・・・

点滴が終わって30分経つのですが、まだ猫タワーのあの位置にいて・・・と思ったら、今、タワーを飛び降りて、家の一階へ降りていきました。きっとゴハンを食べに行ったのでしょう。



前の会社にいた、還暦をとっくに飛び越した熟練工の方が、「生き物は、食わなくなったらおしまいだ。」と言ってました。

「メシ食ってるうちは平気さ」


猫さんはまだゴハンを食べてます。

私もそろそろ、夕飯を作りましょうか。

















posted by junkskywalker at 20:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月27日

日記

金曜日の夕方、職場の忘年会の前に、猫さんを病院に連れて行ったのですが・・・

心配してたノミには寄生されてないらしく、一安心・・

左の耳を痒がるようなので、その旨を獣医さんに伝えると、見せてもらった左耳の内側・・確かに、右耳より赤くなっていました。

外耳炎か何かのようだがダニの可能性があるため、しばらく問題の部分を観察するよう言われました。症状が軽微なために、現段階での病原の特定は難しい。これがダニによるものなら、まもなくカサブタができて、それを削ると下からダニが零れ出てくるそうです・・・・そうなったら塗り薬のようです。腎不全なので、内服タイプはマズいそうです。まぁ。。様子見ですね。



肝心の、猫さんの体重ですが・・・・一か月前より200g痩せて、3300gになってしまいました。

「また痩せちゃった.....」と、助手さん。


どうにか食べてもらおうと、四苦八苦しているのですが.....うーむ!











posted by junkskywalker at 21:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月23日

久々

今日の猫さん。

IMG_1490.JPG

点滴が終わったばかりです。
今日は少し失敗してしまいました。針を刺すポイントを毎回なるべく変えようとするのですが、そうするとたまに痛いポイントに刺さってしまうことがあるらしく、そんな時は嫌がって啼きます。今日は針を打つ場所が、少し前過ぎました・・・ごめんね・・・

ご飯は食べる量が、増えたり減ったりしています。今日は早朝に私を起こした猫さんに、カリカリをよそってあげると少し食べたきりで、晩御飯もまだ食べてないようです。おやつは夢中で食べるのですが・・・そろそろ新しいカリカリを開封したほうが良さそう・・・土曜日に病院に行くので、その時に点滴パックと一緒に調達しよう。

なんだか、ダニが付いてしまっているらしく、耳の穴をかゆがるので診てもらうのですが・・・・また痩せてないか心配です。







posted by junkskywalker at 20:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月08日

日記

今日の猫さん・・




と言いたいところですが、猫ハウスの中でくつろいでいるので、今日は、写真は無しです。部屋の明かりを、つけなきゃなりませんから。







猫ハウスの中に、何年か前に設置したヒーターですが・・・最近、寒いのに、猫さんがハウスを利用しなくなっていたので、何でかなと思っていました。

今まで、固いヒーターの上に乗るのは嫌だろうと思って、ハウスの中のクッションの下にヒーターを置いてあったのですが・・・思い切って、ハウスのクッションの床に、直接ヒーターを載せてみました。

すると、猫さんはハウスの中で、香箱座り・・・


ヒーターは、巾着袋で覆ってあるタイプなのですが、それで十分なようです・・

どうして気づいてあげれなかったんだろうね・・・・猫、寒がりだからね。




さっきの夕ご飯は、たくさん食べたのだけど、吐いてしまいました。



落ち着いて、もう一度晩御飯のセットアップをしてあげると、しばらくしてから食べ始める猫さん。

トイレを見ると、さっきまで無かったウンチがあったので・・・・吐いてしまったのは、タイミングが悪かったのかな・・・・


腎不全の猫の貧血に効くと訊いて、ネットで注文してあったペットチニックも、スポイトで与えた。

ゲーする事がないかどうか、様子を見ながら、与えていきたいと思う。





posted by junkskywalker at 21:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月07日

日記

仕事帰りにふと思い立って、動物病院に寄った。猫の血液検査の検査結果が、素人目には貧血に見えたからだ。
赤血球や、ヘマトクリット値が、二か月前の半分しかない。
人間なら、貧血ならほうれん草を食べたり、サプリメントをとったりする。猫にも同じことができないか。



受付の方に相談すると、院長先生が診察室で丁寧に話をしてくれた。

今のところ積極的に選ぶべき手段は、今行っている療法以外には、ごく限られる。


腎臓病だと、腎臓から分泌される血液を作るためのホルモンが減り、貧血になる。

そのホルモンを注射する療法もあるが、諸刃の剣なので最終手段にとっておいたほうが良い・・・何故なら、そのホルモンは今のところヒト用のものしかなく、これを動物に投与すると、拒絶反応により自らの血液そのものを破壊してしまう抗体が出来る可能性がある。

鉄分を補給するサプリは、吐き気を呼ぶことがあり・・・・さらに食が細る可能性が・・・・それは困る!貧血を改善しようと、
栄養を充実させようとすれば、尿に出るタンパクが増えて、さらに腎不全が悪化します。


良くしようとすれば、悪くなる・・・・わかっていたことですが、ジレンマってやつです。
人間が自然に抗うことの限界なのでしょう・・・


でも幸いなことに、確かにヘマトクリット値やヘモグロビン濃度は低いが、今ある赤血球に大きな問題は無し・・・血液が古くなりつつあるものの、そんなに悪くない。

だけど・・
これからじわじわ悪くなっていく・・・・墜落寸前の低空飛行が続くのでしょう。本当の闘いは、これからってことです。








posted by junkskywalker at 20:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月06日

日記

今晩の猫さん。

IMG_1480.JPG

帰宅してからいつものように、洗った食器にRCのpHコントロールのオルファクトリーと、カルカンの高齢猫用のパウチを両方よそってあげる。

不思議なことに、pHコントロールだけだと食べないけど、カルカンを隣によそってあげると両方食べる。少しだけど・・・
よっぽどpHコントロールがおいしくないのでしょうか・・・・でもこれは、数種類あるRCのpHコントロールの中で唯一食べるタイプなのです。オルファクトリー以外は全然食べませんでした。ヒルズのCDに至っては、何種類も試したのですが、食べ物だと認識していないような感じで、一口も食べませんでした・・・

C:ローレンツ著「人イヌにあう」によれば、「猫は小さな豹である。人に飼い殺されるくらいなら、野良猫の道を選ぶ」と言うような事が書いてありましたが・・・・飼い猫であっても孤高の猫さんは「おいしくないご飯なんか、食べないほうがマシにゃ!」と思っているのかもしれません・・・猫は「死ぬ」ということが認識できないと考えられているそうですが・・・もしかしたら、そうかも知れません。

事実、おやつのカリカリをあげるときは、袋の「ガサガサ」という音だけで、家のどこからでもすっ飛んできます。もちろん、体に悪いでしょうから、これだけあげる訳にはいきません。

私としてはやはり、療養食を食べてほしいので、今日も仕事帰りのペットショップで、高齢猫向けの食べさせてもよさそうなものを選んで、少しだけpHコントロールに混ぜるのです。



先週の土曜日、いつもの動物病院で、猫さんの血液検査をしました。
二ヶ月前に測定したのより、さらに良くなっていることを期待していたのですが・・・・結果は・・・



IMG_1481 - コピー.JPG


う〜む・・・

BUNは、最初の輸液の直後に115だった数値が急降下した時の値と、ほとんど変わっていません。もっと下がっていればと思っていただけに、ちょっとショック!
CREは下がりましたが・・・・ヘモグロビンとかの数値も悪くて、かなり貧血・・・・小食なのに輸液してたら、そりゃなるでしょう・・・

「食欲が落ちないように、輸液のタイミングなど、いろいろ工夫してみてください」とのこと。


でも、脱水の状態は悪くないし、ご飯も少しだけど食べるし・・・先生も「基準値を逸脱してはいるが、悪くはない」と言ってました。

もっと最悪な状態になったケースの話も、今まで聞いてきました・・・助手の方によれば、かなり酷いと猫は動くこともできず、摘まんで引っ張った毛皮が、伸びたまま元に戻らなくなるそうです。

でも、まだうちの猫さんは大丈夫!そこまでじゃない!

体重の急降下も、3.5kgで止まったし、まだ、あと少しは、砂時計の砂を継ぎ足せるようです。


posted by junkskywalker at 19:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月27日

呟き

今日は、クルマで家路を走りながら、「猫が食事を取っていなかったら病院へ行こう。」と思っていました。

家に戻り、玄関を開けると「ニャニ゛ャーン!」と啼きながら階段を下りてくる猫さん。

食器を覘くと、よかった!食べてる・・・・少しだけど。まだ大丈夫かな・・・・


今晩は、シニア猫用のカルカンのパウチをあげてみました。かつお味だったのですが、少しだけ食べました。
食後に顔を洗うのは、おいしいものを食べたときだけ。


後は、いつもどおり結石の療養食をよそってあげると、夜の間に少し食べてくれます。

外で毟ってきた猫草は食べるし、おやつは袋を開けただけで飛んでくるし、脱水はしてないし(脱水すると、伸びた毛皮の戻りが悪くなるので解る)・・。排泄も大丈夫・・・・


でも、どこかで検査してもらわないとね・・・・

明日連れて行こうかな・・・でも、行かなくても、いいような


002.JPG


家のどこかでたまに「ニャーン」と声がするたびに、何事かと思って心配するようになってしまいました。

なにか足りないものがあるのかと思って、つい姿を探してしまいます。

でも猫が啼くのが変だと思うなんて、心配性もいいところですね。


posted by junkskywalker at 18:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする