2017年05月04日

ジムニーいじり

先日、乗っている軽自動車のジムニーをディーラーへ車検に出したら、電話で、エンジンオイルが減っていると連絡が来た。
走行16万キロのターボエンジン車なのでソロソロかなと思っていた。でも昼間に白煙が見えなかったので、軽症だろうと思った。
しかし車検を終えて夕方、日も落ちた頃にディーラーへ車を取りに行くと、エンジンをかけると同時に、店舗の照明に浮かび上がる大量の白煙!

いつも担当してくれるメカニックの人によると、入庫したときレベルゲージで見えないほどオイルが減っていたらしい。前にオイル交換したのが半年前だったので、オイルはかなりの勢いでなくなっていったのでしょう。
しかしそんな状態でも車検が通ってしまうとは驚きでした・・・オイルが燃えてたら、排気ガス中には有害物質がてんこ盛りでしょう。排ガス規制の意味が無くなるような気が・・・・その辺はザルなんでしょうか・・・?

家路でドアミラーをチラ見しながらブーストをかけると、後続車のヘッドライトで吹き出される白煙が良くわかる。ドライバーは訝しがった事でしょう。でもブーストが掛かってないときは、白煙は比較的少ない。
まぁ、タービンからのオイル漏れでしょう。

前のタービンは六万キロしか持たなかった。十万キロ持てば良かったほうでしょう。

ディーラーで見たタービン交換の見積もりは、ため息が出るような金額だったので、工具もあるし、DIYでやります。
ネットでリビルトタービンを購入して、交換しました。

IMG_1266.JPG
吸気管を外すと、管内はすべてオイルまみれ・・・エアクリーナーはビチョビチョで、ブローオフへ接続するパイプからは、オイルが滴り落ちるほどでした。

この時点では、タービンではなく、エンジン本体の劣化により白煙が生じている可能性が否定できません。
でも、原因が二つあるので、まずは手を付けやすいタービン交換から作業しているわけです。

ボンネットから見える、タービンへ接続する物を外したら、今度は車の下に潜って、排気管やオイルライン等を切り離します。


IMG_1268.JPG

予想はしてたのですが、この排気管を繋ぐボルトが、長年の高熱と錆で固着していて、レンチをかけてもウンともスンともいいません。

前日の夜から、ここに錆び止めスプレーを吹き付けて一晩かけてしみこませる作戦を立てていたのですが、スプレーが尽きていてできませんでした。
なので、当日にスプレーを吹きつけながら作業したのですが、ボルトはビクともしませんでした。

結局、クルマの下で這いずり回り、一番力をかけられる体位を探して、つまり腰が入る位置ですが・・・そうやって、「ふん!!」とやると、パキーン!と音を立てて、ようやくボルトは陥落しました。次の日に全身が筋肉痛になってしまった理由の一つはこれでしょう。

排気管を切り離し、オイルインレットのユニオンを緩めて、タービンオイルアウトを引っこ抜いて、エキゾーストマニホールドとターボ本体を分離して、エンジンルームから取り出しました。

IMG_1269.JPG
ジムニーのエンジンルームは、スカスカなので、手が入りやすくて良いです。


写真が無いのですが、外したタービンを観察すると、タービン外部に、コンプレッサーハウジングと、センターハウジングの接続部からオイル漏れの痕跡がありました。

そして、コンプレッサー内部には、コンプレッサーホイールとハウジングが接触した形跡があり、シャフトのガタつきが、リビルト品と比べると、油のあるなしを抜きにしても、明らかに外したタービンのほうが、ガタが大きいと思いました。

このことから、タービンのシャフトの振れが大きくなり、コンプレッサーのオイルシールとの隙間が増えて、オイルが吸気に混ざっていたのではないか・・・と、このときは推測しました。


交換するタービンは、メタルにオイルを差して、準備します。

IMG_1278.JPG

ピカピカですが、これは、新品ではなく、元をたどれば以前にどこかで働いていたものです。
消耗した部分を新しく入れ替えて、生まれ変わった物。
今度は、私のジムニーでがんばってもらいましょう。

機械は、ヒトと違って、治せば永遠です・・・・・・なんちゃって。


リビルトタービンを取り付ける前に、簡単ですがオイルラインのチェックをします。
エンジンオイルが無くなるほどヒドい状態だったのですが、外したユニオンボルトや、オイルパイプ、クランクケースのオリフィスの中にも、スラッジのようなものは見えませんでした。

IMG_1271.JPG


余談ですが、このとき、JB23の宿命といわれるエキゾーストマニホルドの亀裂を見つけてしまいました・・ネットで見たのと、まったく同じ位置に亀裂が出来てました。

私はエンジニアではないので、詳しく判りませんが・・・これは、タービンへ接続するフランジ部の切削加工が影響しているような気がします。多分ですが、鋳物の湯口か、段差が亀裂の始点あたりにあり、大きな切削力が掛かって、製造時から亀裂が生じているのでは??

余談はさておき、後は全部を逆に行うだけです。


全部を元通りに繋ぎなおし、オイルと冷却水を入れて、全てをもう一度確認したらエンジン始動!
排気管にしこたま吹き付けた錆び止めスプレーのせいで、濛々たる白煙が立ち上りましたが、異常なし!

そこから、最近結婚した友達の家での宴会へとジムニーを走らせましたが、上述のエキマニの亀裂からくる排気漏れと思われる音以外、問題なく、白煙も収まって、以前より低いスロットル開度から、タービンが回りだすようになったのが、音でわかりました。

お酒はとてもおいしかったです。憶えている限りですが。
【関連する記事】
posted by junkskywalker at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月05日

無題2

ゴールデンウィークの間は、出来る限り仕事をしようとしたが・・・・・終にキレてしまった。


既に、常に古参の1.5倍の仕事をしている私に・・・・・・常務が、序と言わんばかりに追加の仕事を押し付けてきたからだ。

追加の仕事とは、この会社の元工場長の設計ミスの修正だ。



元工場長は、この会社を辞めて故郷に帰り設計事務所として独立した後も、この会社の設計業務を担当している。


その工場長の、設計ミスの手直しを、私に押し付けてきた。

でも、それはGWの今に始まったことじゃなかった。


何年も前から、こうだった


そして、去年のことだった


常務は、元工場長に、何か、金玉握られてるんだろうと思っていたら、部長がある日ボソっと言ってきた。



・・・・・常務が、工場長の家を、買ったんだよ・・・・・・




なるほどね!


工場長の株を下げたくないから、大人しい私に、押し付けてきたんですね。

古参に依頼すれば、「またアイツか!」って言われちゃいますから。元工場長は、独立した今も、ちょくちょく工場に顔出してきますからね・・・



工場長の独立と期を同じくして、「マイホーム買っちゃったよ」と言っていた、あのコバンザメ。




もう間違いない。




連休の例の仕事、ぜーんぶホゴにしてやりました。


だって労使契約でやってる分は、すでに終えてますからね

常日頃、150%の私ですよ。



今日早速イヤミを言われた。



わかりやすい人だ。

楽しませてもらうよ。





posted by junkskywalker at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

無題

階下で父親が怒鳴るのを聞いて、様子を見に行った。


飼い猫が、テーブルの上の夕食の一部を、食べようとしていたからだったそうだ。

それは、たった一枚の海苔だった。



海苔のために怒鳴っていいのならば、私は音波で父親を肉片に出来る。



大学を中退し、無一文のところを、農家の末娘のところに転がり込んで、永久就職だとばかりに婿入り。そして”仕事”の辛さに堪えかねて、ウソの約束を儀父母にして、仁義を破り都会に逃げ出した。


そのことが、私の四半世紀の苦しみの発生源なのだから、私は父親を毎日怒鳴りつけたっていいはずだ。



だが現実はそうは行かない。



”親”というものは、宇宙の法則に守られているからだ。





この宇宙は、時間が経つと物事が複雑になっていく。

時間が経つと、エントロピーが増大し、宇宙が乱されていく。

したがって、早く生まれた方が、たくさんの経験値を持っている、すなわち、偉いのである。




今の私と親を、地球と太陽に例えるなら


地球 「ただ光っているだけの癖に!!偉そうにするな!」

太陽 「お前は俺のお陰で生命の星になれたんだぞ!」



ケンカを仕掛けたら最後、私が勝つためには、親を葬り去るしかなくなるだろう。



そんな愚は犯さない。



だけど、少しくらい、仕返ししたっていいはずだ。



だから、宇宙の法則を、私も味方につける。



もっともっと時間が経てば、もっと、アイツとの距離は、離れていくんだ。


時間の向きは、決して同じじゃないんだから。


最後は、一人ぼっちで、凍え死んでもらいますよ。

































posted by junkskywalker at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月04日

無題

叔母が、私に対し、悩んでいるのなら相談して欲しいと伝えてくれと、私の兄弟に伝えたらしい。




  自分以外信じるな





貴方の実の妹が俺たちを苦しめてたときに、黙って見てた奴が、今更、何言ってやがる?



むしろ、どういうつもりなのかこちらが訊きたいくらいだ。



本音は、息子の私に、あの母親の面倒を見させたいんだろう。




私たちは、あの母親のために、たくさんのことをを諦めたんだ。


ごく普通の日常で、ごく普通に、というか、もはや自然の摂理として齎されるはずだった未来のほとんどを、あの母親のために諦めたのに。



責任も取りたくない    恥もかきたくない







まぁでも



苦しんでもらいますよ。


親だからって、何をしてもいいわけじゃあ、無いはずだから。






























posted by junkskywalker at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

無題

どうすれば良いか解らない。


いや、一体どうしたらよかったのかが、解らない。


私は人間が大嫌いだ。

次から次へと、業を積上げるような生き方をすることは、死よりも辛いことだと思う。


でも、それでも私は、単なる人間嫌いの、発達し損ねた人間なのかもしれない。

だって、私は、彼らが羨ましいし、嫉ましい




彼らは、皆、成功している




頭がおかしくなりそうで、今にも何かしでかしてしまいそうで、


それが怖くて、毎晩意識を失うまでアルコールを摂る



こんなはずじゃなかったんだよ



ごめんよ



こんな風になるつもりは、無かったんだ。


















posted by junkskywalker at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月07日

無題

ずっと家の猫の食事量を、一ヶ月前から計測し続けている。
変化はあまりない・・いつもと同じ、今までと同じ。


さっきまで考え事をしていた。


自分は日ごろ、一体どれだけの”変わらないもの”に頼っているんだろうか。

モノはいつか崩壊して消え去ってしまうのに、自分は生涯で得たいくつかのモノを、それが変わらないと思い込んで、無限にその恩恵を得られると、考えているんじゃないのか・・


でも、もしそうだとしたら、それはきっととんでもない欠陥を抱えた人間ってことになるんじゃないだろうか?


だから否、そんなはずはない。自分含めて、全てはいつしか土に還ってしまう。そんなの判りきっているし、怯えてなんかいない。いつでも用意は出来ている。


でも、確証が持てない。自信がないんだ。守る物が何もないからだ。


結局どっちつかずの穴のそこにまた落ち着いて、働くことさえも、現実逃避をしているような、そんな気がしてくる。


posted by junkskywalker at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月16日

呟き

人間は、起きているときより眠っているときの方が脳は活発に動いているんだそうです。
夢を見るのはそれによるらしく、ただ、脳の中の論理的思考を掌る部分は休んでいるので、ファンタスティックな夢を見るらしい。

会社の上司が、歳をとると夢を見なくなる・・・・とか言ってましたが、私はまだまだそういう意味では歳を取っていないようです。

昨日見た夢は、クルマでドリフト走行をしている夢でした。確か雪が降っていて、ひたすらクルマで滑ってました。

その前は、巨大なクモが襲ってくる夢でした。クモが飛び掛ってくるところで驚いて目を覚ましました。

その前は、ゾンビになる夢でした。肉体が腐って歯が全部抜けるところが凄くリアルで、起きて思わず歯を確かめました。

その前は・・・・・


夢って、起きたては鮮明に覚えてるのに、昼食を食べる頃には忘れてしまう。まぁ、とにかくよく見る。


でも何でか、晩酌で酔っ払ってベッドに潜るときに期待する、楽しい夢は、なかなか見れない。


生涯で最もエキサイティングだった夢は、高校の頃に見た淫らな夢でした。ものすごくリアルで、今でもハッキリ憶えている。

でもそれが、事に及ぶまさにその、寸前で目が覚めてしまい、マンガみたいに「なんだよ!夢か!」となってしまった。



本当に夢って、何で見るんだろう。


もしや、無意識の世界で、平行宇宙に存在するもう一人の自分の意識を、共有しているんだったりして・・?そんなわけないか。










posted by junkskywalker at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月11日

!?

少し前の話。。。。。


平日なのに寝坊をしてしまった!

間違いなく始業には間に合わない・・・・


そんな時、あるヒトの言葉を思い出す。



「遅刻するなら、それが一分でも一時間でもお前の評価は同じだ。

どうせ”遅刻”するなら、朝食をゆっくり食べて、彼女にメールして、コンビニで立ち読みして、ついでに昼飯も買って来い。」 

                                     by 前の会社の工場長



時間を無駄にするな!が口癖だった工場長が、遅刻して社員食堂の予約も間に合わず職場に駆け込んだ私に、言い放った言葉、10年ぐらい前かな。



・・・・・というわけで、どうせ減給なら、有給で半日休んでしまえと会社に電話。



でも、二度寝してちゃいけません、普段、平日には出来ないことをするのです。




銀行とか住宅ローンとか税金の手続きとかいろんなのが浮かんだのですが・・・・・・

ここは、しばらく動物病院に行ってない、11歳の猫を、かかりつけの動物病院へ、健康診断に連れて行きました。


そこは、かつて私の猫が野良猫との戦闘で重傷を負ったり、オシッコが詰まってしまったときに、猫の命を救ってくれた病院です。

伴侶動物を、想っている獣医さんが院長で、信頼しているところ。




腎臓の状態が、異常だと判りました。



二つあるうちの片方が、萎縮している・・


予兆があったはずだと言われましたが、確かにありました。



去年の年末に、やたらと、猫がフードを食べたそばから吐くことがありました。
猫草を切らしたせいだと考えていた私の、認識が甘かった。
そのときに受診すべきだった。


腎臓病の療養食を選択すべきか、説明を受けましたが、腎臓病の療養食は尿がアルカリ性になるために、結石のリスクが高くなり、結石の出来やすいあなたの仔はリスクが高いと言われました。




血液検査の結果は・・・・・BUNと、クレアニチンが限度まであと少しで、タンパクだけが僅かにオーバーで、少し脱水気味、まめな検査が必要とのことでした。


でも、治療が必要な状態ではない・・・とのことでした。


猫・・・というか、彼の食欲が落ちたような気がしていた以外は普段と変わらなかったのですが・・・・健康診断・・・大事ですね。


とりあえず、猫が水を飲みやすいように、家の給水器を増やし、食べた食事の量を、デジタルスケールで毎日チェックすることにしました。

そうしたら、カップで測ってあげていた結石予防の処方食を、2/3しか食べていないと判りました。




痩せていないかどうか、体重のチェックもしなければ。・・・



思わぬ事になった遅刻でした。



























                



続きを読む
posted by junkskywalker at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月09日

百八個もある

怒り・・・というのは実に厄介な煩悩の一つだ。

バーベキューの後の火事みたいに、一見燃え尽きたように・・収まったように見えた物の下、灰の下に潜んでいたのが、ある時突然、燃え上がったりする。

かと思えば、劫火のごとく燃え上がっていたものが、ゲームみたいに誰かの呪文で一瞬にして鎮まったりする。


でも、怒りというのは、どんな種類でも火が消えた後厄介な損傷を、怒っていた人に与えるのは、同じだと思う。


そんな怒りというモノの中で、一番厄介なのが、自分でも目に見えない怒りだと思う。


ガラスのように透明な自分の意識の下で、水素の炎のように見えない怒りが徐々に広がっていき・・・或る時突然、炎が心の奥底を突き破って、大爆発する。


というか、表現が難しい。

あの炎の動きは、何度か経験があるけれど、制御が出来ないし、読めない。


バックドラフト・・・・という表現がしっくりくると思う。

見えない炎が心を徐々に熱くしていって、そこに火がつく。


なんでもない普通の、大人しかったはずの人が、ある日突然凶行に及んだりするのは、多分あの見えない炎のせいだ。



今日も、そいつが、ヒタヒタと心の底の下で、燃え広がっていくのを感じた。


でもそいつは、だいたい、直接その怒りについて触れなくても、自分以外との誰かとの、なんでもない会話によって、いつの間にか消え去っていくはずなのだ。





一人で思いつめると、ロクなことは、ありません。



ってか、何を言いたいのか意味不明な日記になってしまいました。
多分、べろんべろんに酔っ払っているせいです。
明日はちゃんと書きます!O7









posted by junkskywalker at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不安

いつも、冷静であれと自分には言い聞かせている。
感情に支配されずにいろと。怒りや悲しみに支配されるなと。

でもそれは、自信から来る物ではなくて、深海の底の潜水艦の中で、この深さなら大丈夫なはずだと自分に言い聞かせているような物だ。

真っ暗な海底で、ハッチを開けたら、その巨大な水圧で押しつぶされると思っていて、その水圧に耐えるための操縦法を、小さな操縦室の中で考えている。見えない外の暗闇を想像して、怖気づき、紙の上ではじき出した計算式を、もしかしたら虚無かもしれない安心を、自分に与えている。


人間は、宇宙の法則に支配されているのだから、人間の心だって同じはずで・・・・きっと宇宙のどこか別の次元に、心ってモノが浮かんでいて、見えない力で自分とつながっている。

そして多分、心って物にも、重力や電磁気力と言った宇宙の法則が働いてて、多分、人々の心は太陽系のように連なって回っているんだろう。

軌道が近ければ、互いにエネルギーを及ぼしあうし、離れていれば、見ることさえ難しい。

太陽みたいにだれかの支えになる偉大なやつもいれば、小惑星みたいなはみ出し者だっている。


つまり心だって、宇宙を漂う素粒子の塊で、きっと、どこかからか放たれたときに、その運命は決まってて、きっと全部は必然なんだ。


だから、例えばもし、悲しい出来事や辛いことが起こったとしても、涙の海におぼれて死んでしまったり、後悔の念にとりつかれて、自分が進む方向を見失ってはいけない。

それは多分、必然だったんだから。


これからは毎日、日記をつけようと思います。




posted by junkskywalker at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする